お子様にとって小児歯科とは

ズバリ、怖そう、痛そうというイメージの場所です。このことをまず克服しないといけません。
いすの木デンタルクリニックでは、お子様の慣れ具合やペースを見ながら、痛そう、怖そうを克服できるように治療を進めていきます。
ですから、緊急の場合を除き、怖がったり嫌がったりするお子様に最初から麻酔したり削ったりする治療はしません。
はじめは、怖くて椅子に座れなかった子が、慣れてくると、「歯医者に行くのが楽しみ」、と言ってくれた時は、私たち職員一同も大変嬉しいものです。

定期検診の重要性

虫歯がなければ歯医者に行かなくてもいい。痛くなければ行かなくてもいい。
乳歯は生え変わるから治さなくていい、なんて思ってませんか?
小さい頃から歯科医院に定期的に通うのは、歯医者さんに慣れてもらう、虫歯も小さいうちに発見すれば麻酔などもせず簡単に治せるので嫌な思いをしなくてすみます。定期健診を受ける習慣が身につけば、大人になっても自分の歯という財産を大事にし、一生自分の歯でご飯を美味しく食べれるということを目指すこともできます。
また、乳歯の虫歯を放っておくと、虫歯菌が残り永久歯も虫歯になりやすくなります。
ですから、定期健診をお勧めします。

いすの木デンタルクリニックでは、普段の食事、環境、歯ブラシのやり方などをもとに、治療や予防を行っていきます。それには毎日の生活で親御さまの御協力が必要です。
大切なお子様のために一緒に頑張っていきましょう。