銀歯を白い被せ物に変えたり、白い詰め物に変えて見た目を美しくしていく治療法です。
前歯に使う保険の効く白い被せ物だと、だんだん変色していきます。それを変色をしないセラミックに変えたり、金属を使わくても強度のあるジルコニアに変えたりします。
また、奥歯には基本的に白い被せ物は保険が効きませんので、ハイブリッドやセラミック、ジルコニアを使ったり、部分銀歯を強度のあるハイブリッドレジンに変えたりと、金属の様に目立たなく、出来るだけ自然にを目指しています。

診療内容
審美充填(自費)
特 徴:最近の詰め物(レジン)は、材料学の進歩により強度や審美性が向上しております。以前、奥歯の虫歯は、銀歯でしか治せなかったが、レジンで治せる範囲 が増えてきました。また、セラミックなどは美しいですが、強度を保つため、削る量が銀歯等よりも多くなりますが、レジンは、基本的に虫歯の部分だけ削るので、歯には優しい治療です。
私は、この歯に優しい治療に注目し、いろんな先生の講習会を受けに本土まで行き、勉強してきました。

治療前



下から2番目の歯に銀歯が入ってます
治療後



銀歯をレジンに変えました