インプラントは、人工の根っこ(フィクスチャー)を歯茎の中にある骨(歯槽骨)に埋め、その上に被せもの(上部構造)を入れて、失った歯の代わりとして使う治療法です。昔に比べ、材質や手術方法が改善されており、長持ちするようになってきました。
ただし、歯槽骨の少ない場合、骨を作る処置が必要です。またCTでの計測が必要です。
下のレントゲンは、左上奥歯の骨が少なく、そのままでは上顎洞(副鼻腔)にインプラントが突き抜けて上顎洞粘膜を傷つけてしまうので、上顎洞粘膜の下に骨を足す処置(ソケットリフト)を行いインプラントを入れた症例です。この位の骨の厚みだと、本来ならサイナスリフト(ラテラルウインドウテクニック)といって、ほほ側から骨を足すために、ほほ側の歯茎と骨を大きくめくりますが、処置後顔が腫れる可能性が大きくなりますので、インプラントを入れる穴から(歯槽頂側)骨を足しました。上顎洞の形によっては、ソケットリフトができない場合もありますが、ソケットリフトで対応できた場合、顔が腫れる可能性がだいぶ減ります。
当院では、安全を第一に考え、サージカルステントを使用し、術前、術中、術後のCT撮影にて骨の形態、神経血管の位置、インプラント埋入の方向、位置を確認します。
また、最新式のピエゾサージェリーを使い手術を行うため、術後の痛みや腫れが少なく、安全にインプラントを埋める穴を掘ることができます。
術後、埋めたインプラントがしっかり骨とくっついているか確認するためペリオテスト(インプラントや歯の動揺を測る器械)を使い、適切な時期に被せもの(上部構造)を装着します。

処置前:黄色い矢印が骨の厚みを示してます。CT検査で2mm程度でした。
処置後:矢印の膨らみが骨を足した状態です。